ひらふの駅から
プロフィール

駅の宿ひらふ

Author:駅の宿ひらふ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

facebook OPEN
そろそろSNSも始めてみようかと思い、手始めにfacebookをオープンしてみました。
まだわからないことばかりで、ネット情報と本を買って勉強中です。
うまく使いこなせれば、今後はブログからfacebookに移行しようかと思ってます。

駅の宿ひらふ facebook

今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

この夏の出来事と改装予定
 いつも通り、御無沙汰しておりました。
 こちら比羅夫は、冬のシーズン初めから大雪です。先日の50cmに続き、今日も同じくらい積もりそうです。ここ2年は雪の少ないシーズンでしたので、今年はお客様に喜んでもらえるくらいたくさん降ってくれることを期待しています。実は昨年から、宿の除雪のヘルプを近所の重機をお持ちの方にお願いしたので、ちょっと余裕なんです。

 夏のシーズンは、今年もたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。ヘルパーの甥っ子と一緒に無事乗り切ることが出来ました。甥っ子は英語の勉強も兼ねて来ていますので、冬もまたヘルパーとしてやってきます。外人さんたちと楽しく過ごせることを楽しみにしているようです。引き続きよろしくお願いいたします。

 10月終わりに、小4の娘のリクエストで東京ディズニーランドとシーで3泊してきました。3年前にも行きましたが、今回は前回の反省を踏まえて、羽田発着だったのでずいぶん楽でした。
 それにしても、いつ行っても心の底から楽しめる場所ですね。スタッフは、まさにプロの集まりです。ここのショーを見ていて思うのは、どんな経緯でこの舞台に立っているんだろうなということ。ブロードウェイのような大きな夢が破れてここにいる人もいるだろうし、この舞台に立つことを夢見て頑張って、ようやくたどり着いた人もいるでしょう。そんないろんな人のエネルギーが自然に伝わってくるところが、僕がここを好きな理由の一つです。

 1月に骨折した膝は、4月以降、骨を固定していたワイヤーの影響でずっと痛みが引かなかったのですが、先日再手術でワイヤーを取り出し、ようやくほぼ普通に動けるようになってきました。今は筋力の落ちてしまった左足を鍛えてます。

 さて、少し先のことになりますが、来春に丸太風呂が、夏季限定の露天風呂として復活することになりそうです。
 当初の計画では、ログハウスあるとの隣に小さなキットログを建てて、マッサージ機を備えたリラックスルームと脱衣所を作る予定でしたが、内風呂が駅舎にあるため、露天へは移動が面倒なことに気付きました。
 そこで、駅舎の脱衣所の壁に扉を付けて、外のスペースを整地して、露天風呂を増設するのがベストだと考えました。ちょうど花壇にある大木が雨除けにもなり、いい雰囲気が出せそうです。
 そして先日苫小牧の輸入業者さんに連絡して、直径1mの原木を見に行ってきました。10年前に購入した業者さんはすでに無くなっていたのですが、何件か電話して、まだ輸入しているところを紹介してもらえました。
 雪が解けたら、丸太を運んでもらい、作業に入ります。完成は6月頃の予定です。お楽しみに。

冬の出来事
いつものように久しぶりの更新です。ここ数年、夏の観光シーズンと冬のスキーシーズンがとても忙しく、ゆっくり時間の取れる春と秋の2回更新が定着しています。

今冬もたくさんのお客様にお泊りいただきましたが、1月初め、掃除中に転倒し、左ひざの皿を骨折して入院し、家族に迷惑と心配をかけてしまいました。事故日の6日は、家族が大阪への帰省から戻る日で誰もおらず、何とか自力で病院まで行きました。先生からは即、手術・入院と言われたのですが、夕方にはお客様がスキー場で送迎を待っているので、プレートで膝を固定してもらい、無理を言って帰宅させてもらいました。
その後は、何とか入院日をできるだけ少なく出来ないか考えたり、入院中の掃除と送迎のヘルパーさんを探したり、一時はどうなることかと思いましたが、それでも何とか書き入れ時を乗り切れてホッとしています。
手術後は全く曲げることができなかった足ですが、2・3月の2か月間でリハビリが終わり、まだ少し痛みはあるものの、現在はほぼ元通り曲がるようになりました。

4月初め、家族で道東の阿寒鶴賀リゾート、屈斜路湖の三香温泉、養老牛の湯宿だいいちへ旅行に行って、冬の疲れを癒してきました。どこもホントにいい宿で勉強するさせてもらうことが多かったです。やっぱりゆとりや、懐の大きさが感じられる宿っていいですね。早速感化されて、いいものをいくつか取り入れ、そしてまた1つ、楽しい建物の増築を計画中です。秋に基礎を作って、来年の春に完成予定です。お楽しみに。

蝦夷山桜
GWが終わると、ホームの向こうの蝦夷山桜がきれいに咲きます。

ひらふはもうすぐ夏の過ごしやすい季節がやってきます。今年は甥っ子がヘルパーとして来てくれることになりました。これでいつでも骨折できます。(^^;)
今夏もたくさんのお客様にお会いできるのを楽しみにお待ちしております。
風呂改装中
10月の連休以降、風呂の改装工事を行っています。
洗面所と風呂をつなぐ通路が出来上がり、ホーム側の扉をふさいだ部分に窓が出来上がり、現在、ユニットバスを組み上げているところです。
狭いスペースを一番有効に活用するため、かなりの修正作業を強いられていますが、何とかうまくいきそうです。
やはりホーム側に窓を付けたのは正解でした。景色も列車が入って来た時の雰囲気も素晴らしいものがあります。
今月中には完成できるといいのですが、慌てず怪我のないよう頑張ります。
丸太風呂終了のお知らせ
 今年の雪解けは早いです。いつもはまだ路肩に残っている雪もほぼ全て無くなっています。
 薪割作業がGW前に終了したのは初めてです。

 そして、長年親しんでいただいた丸太風呂ですが、残念ながらこの夏で最後となります。秋にはユニットバスに改装し、駅舎の洗面所から出入り出来るようにする予定です。
 丸太風呂好きのお客様が多いので心苦しいのですが、ここ数年間、悩みに悩んで決断しました。
 改装の主な理由は以下の通りです。
● 丸太が10年持たずに老朽化し、調達が難しいこと
● 冬に外国のお客様が増えて、シャワーを多用すること
● 駅舎と繋げた方が、水道管が凍結しないので、水抜きする必要がないこと
● のるてを解体した時の木材を再利用し改装できること
● 建屋も老朽化が進み、丸太風呂のままではあと数年しか使用できないこと
 今夏に宿泊いただけるお客様は、最後の丸太風呂をごゆっくりお楽しみくださいませ。

 3月26日に北海道新幹線が開通しました。
 札幌延伸は15年後の予定ですが、冬の外国人客増の影響で、倶知安までは10年後の早期開業という話も出ています。
 果たしてあと何年「駅の宿」を続けられるのか、まだ分かりませんが、その頃のことも考えていかないといけない状況になっていることは確かです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。