ひらふの駅から
プロフィール

駅の宿ひらふ

Author:駅の宿ひらふ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族旅行
 おかげ様で家族旅行から無事戻ってまいりました。さすがに北海道を代表する観光地だけあって、層雲峡や富良野周辺の紅葉は非常に美しく、4日間天気に恵まれたこともあり、思う存分景色を堪能できました。
 旭山動物園はヒグマと10cmの距離で対面できたり、目の前を泳ぐ白熊やアザラシを見られたり、動物との距離を近づける創意工夫に感激しました。もちろん子供達も大喜びでした。
 スイーツのお店も尋ねてきました。私たちが気に入っている北菓楼の砂川本店はケーキセットが安くておいしくておすすめのお店です。帯広の六菓亭本店にも行くつもりだったのですが、初めて買ったカーナビに間違った場所へ案内され、結局行けずじまいでした。当てにし過ぎず、必ず地図を確認しないといけませんね。
 正しい温泉にも寄ってきました。幌加温泉の鹿の谷(かのや)。子供がいるのであまり長湯は出来ないのですが、30分ほどで体はホッカホカです。カルシウム・ナトリウム・鉄鉱・硫黄と4つの泉質の湯船があるのもすごいことです。
 最終日は富良野・夕張を廻るつもりが、北の国からロケ地巡りに飽きて文句タラタラのガキどもの機嫌を直そうとアンパンマンショップに立ち寄ったら、キッズルームに置いてあったおもちゃのサンプルで遊びまくり全く帰ろうとせず、2時間以上お邪魔させていただきました。そのおかげで時間がなくなり、途中の観光は全て省略し、真っ直ぐ比羅夫へ帰ってきました。まあ子供中心の旅ですから無事帰って来れたことを良しとしましょう。
 それにしても先日開通した倶知安-赤井川-小樽ルート(国道393号線)は便利です。それまで小樽へは1時間半かかっていたのが、30分短縮されました。5号線を走る車は確実に減りますね。

 さてドラマの話題ですが、先日いただいた台本を読んでみました。
 プラットホームでのジンギスカン、宿の主人・北原(ちなみに私は南谷)が薪割りをするシーン、木っ端で彫ったフクロウ、想い出ノート(寄せ書き帳)など、駅の宿のおなじみのアイテムがそのまま登場します。先日下見に来られた鉄道ファンでもある脚本の松井信幸さんが、目にされたものを上手にシナリオの中に織り込んでいかれたようです。
 撮影には、俳優さん3人と大勢のスタッフが来られます。少し楽しみになってきました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafu.blog94.fc2.com/tb.php/24-2e89d9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。