ひらふの駅から
プロフィール

駅の宿ひらふ

Author:駅の宿ひらふ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝、旅立ちました
 しまは今朝亡くなりました。昨夜見た時はまだかすかに息をしていたのですが、今朝寝そべったまま動かなくなっていました。トイレまで歩いたようで、そこで力尽きていました。自然に帰してやろうと思い、そのまま埋葬してやりました。いまごろきっと天国ですね。しまのことだから、次もきっといい人生が待ってると思います。お世話になりました。
simataro若き日のしま太郎
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

もしかしたら、虫の予感・・・だったのかな。
昨日の午後3時くらいに、しまに会ってきました。
先月会った時よりずっと痩せてて、ただ撫でてあげる事しかできなかったのに、帰り際「また来るね」と声を掛けると、起き上がってお見送りをしてくれました。
最後までしまらしい「おもてなし」ですね。
私が最初にしまに会ったのは、確か10年前。
駅を見るのが好きで、たまたま立ち寄った比羅夫駅で、まんまるとした体ですり寄ってきてくれた猫がしまでした。
その頃から人の膝に乗るのが大好きで、私自身猫アレルギーなはずなのに、一目でお気に入りになってしまいました。
たまにしか会いに行けなかったけど、今年ガンで手術する前、しまに会いに行ったら、肩まで乗ってくれてスリスリしてくれて、すっごく元気と勇気をもらった気がしました。
今頃、天国の駅で陽だまりの中、ゴロゴロしているのかな?
最近食べれなかった分、いっぱいご飯食べてるのかな??
きっと、しまなりに幸せな一生だったんだよね。
こころから、本当にこころからご冥福をお祈りします。
そしてオーナー様、最後までしまを見守っていただいてありがとうございます。



【2013/11/05 23:03】 URL | たかぼっち&もも #- [ 編集]


 泊まった時にはいつも、いつも会えました。猫アレルギーの娘もまた会うのを楽しみにしていただけに残念です。

 夏にしまちゃんに会った時には、「しまちゃん」と、声をかけると嬉しそうに寄ってきてくれました。いつもしまちゃんに会うのを楽しみにしていただけにショックです。今度行くときにはお参りさせていただきます。
【2013/11/05 23:23】 URL | 三重の木村 #cks3dOnk [ 編集]


比羅夫駅は幼少時代に今は亡き父との思い出の場所で、昨年6月に約35年振りに汽車で訪問した時に初めてしまに会いました。
駅舎の中の張り紙を見て名前がしま太郎と分かり初対面なのに私が「しま!しま!」と何回も呼ぶ度に「ニャ~」と返事をしてくれて膝の上に乗ったり肩の上に乗ったりしてくれました。
それからもしまに会いに行く度に沢山癒され元気を貰って来ました。
最後に会ったのが今年の9月中旬でしたが、何時もより元気がないかな?って思って頭を撫でて「また来るからね」って言って帰って来たのですが・・・。
今はショックと驚きで頭の中が真っ白です。
今回の事は残念ですけど、大好きな場所で沢山の人に愛され、そして大好きな場所で最期をむかえれたので、しまは本当に幸せだったと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げますと共にオーナー様にはしまへの感謝と宿のより一層のご発展をお祈り申し上げます。

【2013/11/06 07:49】 URL | やまさん #- [ 編集]


2011年の10月に宿でお世話になった者です。
今年の5月に駅に再訪し、来週半年振りにしま太郎に会いに行く予定にしていました。
今日は会社から帰宅し、机の上に飾ってあるしま太郎の写真に、明日は北海道は大荒れの天気みたいだからあったかくしておきなよって声を掛けました。
心の片隅に、何かしらの予感があったのかも?ふと、しま太郎元気かなと思い、ネットで検索したら…
先月宿の件で問い合わせした際には、奥様がしま太郎は相変わらず元気ですよっておっしゃっていたので、楽しみにしていたところでした。
今は涙が止まりません。もうしま太郎と遊ぶことは出来ませんが、予定通り来週伺って、お墓に手を合わせたいと思います。
沢山の癒しと沢山の想い出を有難う。
既に天国にいる私の飼っていたペット達にも、しま太郎がそっちに行ったから、きちんと案内してあげてよと伝えておきましたのでご安心下さい。
【2013/11/08 01:32】 URL | 汗かきこぶた #g2ZoH0BU [ 編集]

ありがとうございました
5日に伺った者です。お仕事中にもかかわらず、しまちゃんのお話をしていただきありがとうございました。
しまちゃんが旅立ち4日ほど経ちますが、まだ信じられないような信じたくないような思いで過ごしています。
毎回幸せなひとときを過ごさせてくれたしまちゃん。撫でるととても嬉しそうにしていましたが、その姿を見ている自分のほうが喜び癒されていました。
そのしまちゃんにもう触れる事ができないと思うと、せつなくなります。
でも、しまちゃんが大好きな比羅夫の地でみんなに愛され穏やかな一生を送ったと思うので良かったと思います。オーナーさんのそばで安心して暮らしていたんでしょうね。旅立つ数日前に2日も外出していたようですが、最期はやっぱり居心地の良い比羅夫駅でオーナーさんに感謝と挨拶をしたくて戻って来たのかな?なんて考えてしまいました。

偶然立ち寄った比羅夫駅で出会ったしまちゃん。会えて良かった!どこに行っても君は愛されニャンコだよ!
心よりご冥福をお祈り申し上げます。







【2013/11/09 10:46】 URL | まっつ #- [ 編集]

しま、ありがとう。
1年ほど前に初めてしまに出会ってから大好きになり、何度も会いに行かせていただきました。
しまの近況を知らなかったので、今日も駅まで会いに行って初めて、旅立ったのを知ってびっくりしました。
最後に会ったのは9月でした。もう会えないのはあまりにも残念ですが、きっと天国でも誰かのひざに乗って気持ち良く寝ているのでしょうね。今までたくさん癒してもらいました。本当にありがとう、しま。
【2013/11/09 14:35】 URL | りす #cor8gwkE [ 編集]


11月3-4日に宿泊させてもらった者です。
初めてひらふを訪れて、しま太郎さんにも初めてお会いしたのですが、駅に飾ってある写真とは対照的に元気がないご様子でした。
わたしたちが出発した次の日に旅立ってしまったんですね。
一期一会でしたが、なにがご縁を感じてコメントしました。
じゃれあうことはなかったですが、一目拝見することができ幸せでした。

比羅夫駅を訪れた方々の心の中で、しま太郎さんが生き続けることをお祈りしております。
【2013/11/09 16:40】 URL | まり #TMifcLAE [ 編集]


こんにちは。
10日にしまちゃんに会いにいく予定を立てたのが5日の日でした。
何かの知らせだったのかもしれませんね、
10日はしまちゃんの思い出を胸に手を合わせにいきました。
ひょこっと現れるのではないかという気さえしておりましたが、
なんとなく駅舎は不思議な感じでした。
皆に愛されたしまちゃん、大往生でしたね。
あのトイレはなかなか片付けられないとおもいます。
今も手に残るしまちゃんの毛の感触、からだの感触が忘れられません。
これからもまた、しまちゃんに会いに立ち寄りたいと思います。
しまたろうは多くの人の心を掴んだ大いなる駅長でした。
ありがとうしまちゃん
【2013/11/12 19:30】 URL | DAsan #- [ 編集]

ありがとう
すこしの間だけどたのしかったよ。
【2013/11/13 23:00】 URL | もりのくまさん #- [ 編集]


私も10年前からご縁あってしまちゃんと出会い見守ってきた一人です。
人懐こいしまちゃんにとても癒され会いに行くのが楽しみでした。
2年前の11月2日偶然にもしまちゃんの子供たちの里親募集の貼り紙を目にし一大決心で
連れて来ました。今では私の大切な家族となっています。
兄妹のきょうだいです。しまちゃんに似て人懐っこくとても可愛いです。
妹はミー、兄はクー、二人合わせてミク(未来)です。
しまちゃんファンの皆さんに見せてあげたいです。
【2013/11/22 14:09】 URL | アッコ #- [ 編集]

オーナー様ありがとう
しまちゃん逝ってしまったのですね。最後までお世話して頂いてありがとうございます。10月4日に遊びに行ったときは元気に肩まで登ってきて一時間ほど抱っこしてました。ただ帰るときガッチリ爪を立てて降ろすとき苦労しました。いつもと違っていて心配だったので近況報告をを聞きたくて10月下旬にカキコした次第です。当家には猫が七匹いるのですが、しまちゃんの魅力に負けてしまい時々訪問していました。オーナー様、本当に最後までお世話して頂いてありがとうございました。iPhoneにたっぷりたまったしまちゃんとの思い出を大事生きていきます。でわ
【2013/11/23 10:10】 URL | たそがれ営業マン #- [ 編集]

しま君は永久に不滅です!!
2009年2月12日。しま太郎君に初めて巡り会った日。僕はこの日を忘れません。大の猫好きの僕ですが、しま君のようなめっちゃ人懐こくて、かわいいくて、面白くて、賢い猫は45年(当時)生きてきて初めてでした。最後に会ったのは10月4~5日に宿に2連泊させて頂いた日の帰り10月6日の9時18分比羅夫発小樽行きの列車で帰る前に「しま君、またね。」と声をかけて帰路についた日。まさかその日が最後になるとは・・・。その日しま君が帰り際待合室の椅子の上で手をペロペロ舐めていた姿が最後でした。しま太郎君、楽しい思い出を本当にありがとう。君は僕の心の中で永遠に生き続けているからね。オーナー南谷さん。最後までしま太郎君の面倒をみて頂きまして本当にありがとうございました。南谷さんの「次もまた良い人生が・・・」と言うコメントを拝読させて頂き猫のしま太郎君に「人生」と言う言葉を使っていらして・・・。南谷さんの、しま太郎君への愛情が強く感じられ感動しました。しま太郎君を駅に居候させて毎日面倒をみて頂きまして本当にありがとうございました。まだ気持ちの整理がつかなくしばらく泊まりに行けそうもないですが、又お世話になります。
【2013/12/18 05:53】 URL | しましま大将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hirafu.blog94.fc2.com/tb.php/72-f62612a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。